その携帯を手に持ち

終身保険の価値|イメージ画像

 ゆっくりとその携帯を手に持ち、その携帯の表示画面を見た。番号は090―8800―××××と表示されている。俺の感じた物に間違いなかった。その相手が何処かに逃げないようにゆっくりと、なおかつ意識を集中させて自分の手帳を探した。

>「もしもし。君は誰かな」自分の携帯ではないから、大友です。とは言えない。「児玉ゆかりです」当然の事だが、その声を聴くのは初めての筈だ。だが俺には古くから慣れ親しんだ声に感じられる

 。俺の想像通りに透き通るようなそれでいて耳にはしっかりと残っていく、そんな声だった。「こんな事を言うと、おかしい事を言う人だ。と思うかもしれないが、初めて声を聞く人には感じられないが、それはどうしてだろう」

「さー、それは私には分かりませんね。ただ、私は大友さんの事、少し前から知っていたし、あなたの意識の中に入っていた事もありますけどね」「ところで電話を掛けてきた。ということは俺に何かを伝えたくて電話した。と考えても良いのかな」「ええ、大筋は合っています」…それはどんな意味が有るに続く…仲介手数料‐消費税‐増税もご覧ください。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From [終身保険の価値]-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

助平なお-文章作成|イメージ画像