二回目のシャワー

終身保険の価値|イメージ画像

 二回目のシャワーはそんなに長く当たる必要はない。すぐにバスルームを出て、いつもの癖で鏡を見た。だがその鏡を見ると、俺の脳細胞が考える事は、また振り出しに戻っていた。そういえばこの鏡を見るときに俺が何かをしたら、不思議な現象が起こる。それは何故だったんだろうか。良く考えろ……酒?

 いや違うそれ以外のことだ。自分の姿をじっと睨んだ。ふと鏡に映るベッドの上に何か妙な物が置いてある事に気がついた。眼を凝らしてみると、どうやら携帯? そうだ、間違いない、見えるのは携帯だ。その鏡の中には携帯が映っているのだ。だが誰の物だ。

 振り返り、その携帯を見ながら近寄ると、自分の中に不思議な感覚が生じた。と同時にその携帯が誰の物かも理解できた。『ゆかりさんの携帯』不思議と恐怖感はない。それよりも、この携帯が鳴る。そしてその相手はゆかりさん。俺の疑問に全て答えてくれる。そう感じた〇・五秒後にその携帯がなった…その携帯を手に持ちに続く。


「このメールに対応したどんな遅れも、他の測定のためにソースに私を強制するか、またはおそらく、満足である私がならない代替手段を選ぶかもしれません。あなたから必要なのは、あなたが支援を私にすべての正直と誠意で提供できることを私に知らせるTruthfulnessと、HonestyとSincerityだけです」

 要するに連絡しなさい、という意味だけど信じるな!! 無料でホームページを作成する方法…防犯に関する情報や悪徳商法(MLMなど)の詐欺被害を警告するサイトです。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From [終身保険の価値]-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

助平なお-文章作成|イメージ画像